弁護士特約を使う

弁護士に相手方の保険会社と交渉を依頼することで慰謝料の増額が可能になりますが、この場合費用が多くかかってしまいます。裁判に移行し、その時間が多くかかるとそれだけ弁護士費用が高くなってしまうことになります。ただ慰謝料が裁判によって高額になる場合には弁護士に依頼をした方がいいものです。

弁護士費用を自分で払わなくても自分の加入している保険会社に支払ってもらえる特約が今では任意保険で登場しています。弁護士費用特約というものですが、この特約を任意保険につけていることで弁護士に依頼をする時に一般的に300万円を限度として支払ってもらえるようになります。300万円を超えるようなケースはあまり多くはないため、ほぼ手出しはないという大きなメリットがあります。任意保険に加入している方は万が一の交通事故の時に備えて弁護士費用特約を付けていることをお勧めします。またこの特約を付けても保険料の増額は微々たるものですから、つけておいても全く損はありません。

慰謝料が多くなるような場合、早めに弁護士に依頼をすることで交渉や裁判が終了するまでの時間も短縮することができます。無駄に時間を延ばすことがないように慰謝料が高くなりそうな場合、弁護士に速やかに依頼をするべきです。

一般の弁護士に依頼

慰謝料が多くなることが予想されるような場合、交通事故紛争処理センターに持ち込む、また相手方保険会社との交渉を弁護士に依頼をするという方法があります。慰謝料が多くなるケースでは直接相手方保険会社と交渉をしても大きく損をすることが予想されます。ですから最初から直接保険会社と交渉することは考える必要はありません。交通事故紛争処理センターに持ち込む場合、訴訟などよりもはるかに短い時間で解決をすることができます。

この場合、自分で書類などを集めなければなりませんし、直接交通事故紛争処理センターに度々行って交渉をしなければなりません。面倒な作業がある点はデメリットとなりますし、交通事故紛争処理センターに行く時間がない方はこの方法だと難しいものでしょう。

相手方保険会社との交渉を弁護士に依頼する方法もあります。この場合費用が発生してしまいますが、その費用を払ってもそれ以上の慰謝料増額が見込まれる場合にはこの方法を選択したほうがはるかに多くの慰謝料を受け取ることができます。この方法では交渉が決裂した場合裁判に移行しますが、交渉だけで慰謝料を受け取ることができることもあります。いずれにしても慰謝料は高くなります。

交通事故の慰謝料増額

交通事故で被害者になったら通院や入院をしなければならず、痛みなどで辛い思いをしなければなりません。その痛みなどは慰謝料として受け取ることになりますが、慰謝料については様々な考え方があり、統一されていないものです。したがってできる限り慰謝料を多く受け取ることが必要になりますが、そのためには正しい知識を習得しておく必要があります。一般的に慰謝料の計算をする際には任意保険会社との交渉を行うものと思われていますが、任意保険会社との交渉だけでは多くの慰謝料を受け取ることはできないものです。それは保険会社はできるだけ損をしないように行動をするため、慰謝料の計算ではできるだけ低く抑えようとするものだからです。

慰謝料を増額するためにはまずはこれまでの記録を集めておくことが大切です。診療報酬明細書や診断書など、書類のコピーは相手方の保険会社に依頼をして受け取っておきます。交通事故紛争処理センターでは弁護士が無料で示談の斡旋を行っています。交通事故紛争処理センターで示談の斡旋を受けると一般的に相手方保険会社との示談交渉を行うよりもはるかに高額の慰謝料を受け取ることができます。

裁判による解決を図るケースと比較をすると多少少ない金額にはなりますが、おおむね満足できる金額には達するものです。慰謝料の金額があまり大きくはないケースでは交通事故紛争処理センターに依頼をすることで増額を図ることができますし、裁判よりも時間がかからないのでお勧めです。