一般の弁護士に依頼

慰謝料が多くなることが予想されるような場合、交通事故紛争処理センターに持ち込む、また相手方保険会社との交渉を弁護士に依頼をするという方法があります。慰謝料が多くなるケースでは直接相手方保険会社と交渉をしても大きく損をすることが予想されます。ですから最初から直接保険会社と交渉することは考える必要はありません。交通事故紛争処理センターに持ち込む場合、訴訟などよりもはるかに短い時間で解決をすることができます。

この場合、自分で書類などを集めなければなりませんし、直接交通事故紛争処理センターに度々行って交渉をしなければなりません。面倒な作業がある点はデメリットとなりますし、交通事故紛争処理センターに行く時間がない方はこの方法だと難しいものでしょう。

相手方保険会社との交渉を弁護士に依頼する方法もあります。この場合費用が発生してしまいますが、その費用を払ってもそれ以上の慰謝料増額が見込まれる場合にはこの方法を選択したほうがはるかに多くの慰謝料を受け取ることができます。この方法では交渉が決裂した場合裁判に移行しますが、交渉だけで慰謝料を受け取ることができることもあります。いずれにしても慰謝料は高くなります。