弁護士特約を使う

弁護士に相手方の保険会社と交渉を依頼することで慰謝料の増額が可能になりますが、この場合費用が多くかかってしまいます。裁判に移行し、その時間が多くかかるとそれだけ弁護士費用が高くなってしまうことになります。ただ慰謝料が裁判によって高額になる場合には弁護士に依頼をした方がいいものです。

弁護士費用を自分で払わなくても自分の加入している保険会社に支払ってもらえる特約が今では任意保険で登場しています。弁護士費用特約というものですが、この特約を任意保険につけていることで弁護士に依頼をする時に一般的に300万円を限度として支払ってもらえるようになります。300万円を超えるようなケースはあまり多くはないため、ほぼ手出しはないという大きなメリットがあります。任意保険に加入している方は万が一の交通事故の時に備えて弁護士費用特約を付けていることをお勧めします。またこの特約を付けても保険料の増額は微々たるものですから、つけておいても全く損はありません。

慰謝料が多くなるような場合、早めに弁護士に依頼をすることで交渉や裁判が終了するまでの時間も短縮することができます。無駄に時間を延ばすことがないように慰謝料が高くなりそうな場合、弁護士に速やかに依頼をするべきです。